イライラは、子育ての大敵です

大人は、いつもストレスを抱えながら、仕事を頑張っています。その中でも特にお母さんは、仕事の他に家事・育児など寝るまでやる事がいっぱいです。最近は、子育てや家事に積極的に係わっていってくれるお父さんもいますが、みんながみんなそういうお父さんではないですよね。うちの旦那さんも、私の具合が悪い時は子どもの面倒をみてくれたり、料理をしてくれたりしますが、いつもそうではありません。お母さんは、いつも精一杯頑張っているのです。それをわかってくれる人は、周りにいますか?結構、旦那さんも子どもも、ママがやるのが当たり前って思っていることが多いですよね。だから、何でも「ママ~!」といってくるのです。私も子どもが「やだやだ」の時期の時、正直ストレスがたまり、ついイライラしてしまう事が多かったように思います。子どもの事だから我慢しなきゃ・・と思うほど、イライラしてしまう自分がいるのです。イライラして子どもにあたってしまった後は、後悔。私の場合は、実家の母にその事を注意されてから、自分の子育てを考えるようになりました。子どもに伝えるときは、イライラせず、まずは深呼吸してみること。子どもの言い分も「わかったよ」とまずは受け入れるようにしよう。伝えようとすることを、わかりやすくゆっくり言うようにしよう。これをするようになったら、子どもも感情的にならなくなり、やわらかい感じになったと思います。自分がイライラすると、いつの間にか子どもや家族にもそのイライラをうつしてしまうのですね。