長期留学から永住権取得

永住権と言っても、国によってそのルールが違うので、どういった方法で取るかは、自分の一番行きたい国のルールに従って考えるのが一番である。
例えば、東南アジアでは、アルバイトでもなんでもいいからとりあえず経験を積んで、派遣会社を通じて仕事を紹介してもらうのがベストである。
それで、現地で働いて永住権へとつなげるのである。
一方、英語圏(カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)の場合、なかなか日本人が就職するのは難しいので、まずは現地の大学(bachelorordiplomaコース)に長期留学するのだ。
そうして卒業すると、無条件で就労ビザが取得できる。
そして学校で学んだことと関連した職種に就くのだ。
それで1年くらい仕事を続ければ、無事取得できる。
もちろん、そこまでいくのは決して簡単な事でない。
英語力がないと授業についていくことはできないし、向こうの大学は、日本と違ってのんびりしていないので猛勉強しないといけない。
たとえ卒業できたとしても、就職は難しい。
特に今は不景気で、現地の人でさえ厳しいのだから外国人は話にならない。
しかし私は、まずは英語圏の永住権を狙いたいので、長期留学できるように必死に頑張っている。
英語圏への長期留学を検討しておられる方にとって、留学する国をどうするか?については、少々悩まれるポイントだと思います。
もちろん、アメリカ西海岸がいい!とか、絶対イギリス!とか、オーストラリアしかない!といった具合に、最初から国なり都市なりに明確なこだわりがある場合はそれを最優先することになるのでしょうが、そうではない場合、主に経済的な面・治安・気候や風土の面等から、比較・検討することになるのではないかと思われます。
まず、経済的な面から申しますと、もちろん一概には言えないものの、オーストラリアは、比較的リーズナブルではないかと思われます。
逆にイギリスは、相対的に物価が高いこともあり、少々割高かもしれません。
治安の面から申しますと、こればかりは、何とも言えない面があります。
例えばイギリスは、これまで比較的治安が良いイメージがありましたが、突然、暴動が起こったりすることもあるわけで、どこなら安全、といったことは、軽々には申し上げられません。
気候や風土、という部分では、基本的に北半球に位置するアメリカ・イギリスと、南半球に位置するオーストラリアとは、夏の時期と冬の時期とが逆転する、という部分は、おさえておいた方がよいでしょう。
私個人的には、イギリスの気候や風土は、とてもしっくりくるものがありました。
どの要素を最優先にするかは人それぞれだと思います。
慎重に検討して、ぜひ、いい留学をなさって下さい。